肩こりの原因と対処法

2015-08-21

肩こりは首周辺の筋肉の血液循環が悪くなることにより酸素や栄養が供給されず、筋肉に疲労がたまって、筋肉が硬くなる症状です。

詳しく言えば、首と肩の周辺には筋肉がありますので、重い頭や腕を支えています。そのため緊張します。緊張が続くと筋肉が疲れて疲労がたまり、肩を硬くなります。その原因で血管を圧迫して血液循環を悪くなります。それに末梢神経を傷つけて、肩こりや痛みを起こします。また、血行不良になると、筋肉に十分な酸素や栄養が提供できず、ついに疲労がたまったり、筋肉が硬くなってしまいます。

最近肩こりを起こす方がたくさんあります。社会人にとって、パソコンを使う仕事がごく普通です。でも、長い時間で座っていると、肩が硬くて、痛みを感じます。じゃ、どうしたらいいですか。以下で肩こりの原因と療法を紹介しますから、ぜひご覧ください。

肩こりは日々の姿勢に関わることです。ずっと同じ姿勢を保ったら、長時間で肩が凝る可能性が高いです。日常で注意してください。その姿勢を保つと、血液循環が滞り、筋肉にたまって老廃物が蓄積されてしまいます。肩こりとなるのです。

「肩こり」と言われると、首の周辺の筋肉が硬くなり、血流が悪くなっている状態です。だから、普段の飲食はあまり脂肪や糖分を摂りすぎないでください。もし高血圧になると、血行が悪くなります。肩が重いを感じています。それが肩こりの要因です。肩こりは肩の筋肉が緊張している場合です。五十肩(肩関節の周辺に炎症が起こること)になると、肩の痛みが出たり肩こりになります。

社会人になると、ストレスを感じることも多いです。そのせいで自律神経に影響を与えることがあります。その自律神経の中の交感神経と副交感神経のバランスが崩れました。その結果血行障害を起こしてしまいます。脳に伝えられたストレス情報が肩や首周辺の筋肉に詰め込みます。肩こりを起こします。

その肩こりの治療方法がいくつかありますので、ここは湿布剤、塗り薬、内服薬、漢方薬が紹介します。

湿布剤は肩こりを根本的に治すものではなく、その痛みを和らげるだけの医薬剤です。塗り薬は肩に薬を塗り、皮膚から薬を吸収させ、痛みを鎮めるということです。

内服薬は筋肉の異常緊張を緩和して、神経を修復するのに役立ちます。

漢方薬の種類がさまざまがあります。ここで詳しく紹介しませんから、肩こり薬をもっと知りたいなら、とサイトにご覧ください!

Copyright(c) 2010-2013 肩こり今から解消 All Rights Reserved.